単純接触効果とは?どんなことに活かせるのか解説【心理法則】

心理法則
スポンサーリンク

単純接触効果

人はあることを何度も見たり聞いたり触ったりすることで、そのことに対して違和感がなくなり、不思議と安心感が芽生えてポジティブな印象を抱き始めます。これを「単純接触効果(たんじゅんせっしょくこうか)」と言います。

  • 接触回数が多ければ多いほど好感度が高くなる

人は人と会う回数が増えるほど印象が良くなっていきます。
例えば、あいさつやちょっとした雑談、世間話などであっても、会う回数を増やすことで、気になる相手に振り向いてもらえる可能性が高くなるのです。

CM選挙運動などは、この「単純接触効果(たんじゅんせっしょくこうか)」を重視していると言われています。
ただし、一番最初に悪い印象を抱かせてしまうと逆効果になりかねないので注意が必要となります。

例えば、気になる人との距離を縮めたい場合

下記のポイントを意識してみましょう。

  • 単純接触の回数を増やせば、相手に好意が生まれる

アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスは

  • 「人は、知らない人に対して攻撃的で、対応が冷淡」
  • 「人は、相手に会う回数が増えるほど好意を持つ」
  • 「人は、相手の人間的な側面を知ると、より好意を抱く」

という「ザイアンスの法則」を提唱しています。

気になる相手からの好感度を高めるには、どんな場所でいつ会うかではなく、何回会ったかが重要になるということです。
なので、気になる相手との距離を縮めたい場合は、会う回数を増やしていくほうが効果的となります。

また、会う回数を増やしていくためには「ゼイガルニク効果」を理解し、上手く相手に「また会いたい」と思わせられるようにしましょう。

最後に

今回は「単純接触効果」について記事にしてみました。
この心理法則を理解し行動を起こすことができれば、気になる人からの好感度を高めることもできますし、その気になる人と会う回数も増やすことができるようになります。
ただし、第一印象が悪い相手に対しては逆効果となりますので注意しましょう。

コメント