気になっている相手との距離を縮める【心理テクニック】

心理テクニック
スポンサーリンク

相手との距離を縮めたい

この記事では、あなたが気になっている人やこれから仲良くなりたいと思っている相手との距離を縮めるポイントを紹介します。

職場や日常の中での人間関係は大切です。
日々コミュニケーションを取るようにして、周囲の人たちと良い関係を築けるようにしていくのが良いでしょう。

相手が落ち込んでいるときこそ親しくなるチャンス

自己評価が低くなった相手に救済の手を差し出す

落ち込んでいる人は自己評価が低くなり、自己肯定感が持てないような状態にあります。
例えば、あなたの部下や後輩、同僚がこのような心理状態のときには、「どうしたの?」と優しく声をかけて共感してあげると、相手の心はあなたになびきます。

また、恋愛においても同様と方法が有効となる場合があります。
ですので、もしあなたの気になる相手が落ち込んでいたら、優しく声をかけてあげるのが良いでしょう。

相手を肩書きではなく名前で呼ぶ習慣をつける

名前を呼ぶことは相手を認めている報酬行為

名前を呼ぶことは「あなたのことを認めている」という報酬行為になるため、相手の名前を頻繫に呼ぶと親しくなりやすいです。
例えば、職場で役職に就いている人を呼ぶときには、「部長」「課長」などの肩書で呼ぶのではなく、「○○部長」「○○課長」というように名前を付けて呼ぶことで、親近感が増す可能性が高いです。

ただし、「親しき中にも礼儀あり」という言葉を忘れないように注意しましょう。

  • ○○さん
  • ○○課長
  • ○○先生
  • ○○くん

相手の得意分野で雑談すると打ち解けてもらいやすい

自分からアプローチして苦手意識を解消しよう

人は、苦手な人にはなるべく近寄りたくないと思ってしまう生き物です。
しかし、人を避けてばかりいると「返報性の原理」が働いて、相手からも嫌われてしまいます。

苦手な人に対しては、仕事や趣味などで相手の得意な分野について質問をすると、気分良く話してくれる可能性があります。
また、苦手な人に教えを請うスタンスで話しかけると、より効果的に距離を縮めることができるのです。

○○さんは××について詳しいと聞きました。良ければ色々と教えてもらえませんか?」といったアプローチを自分からするのが良いでしょう。

ちょっとした親切を積み重ねて相手に「貸し」を作る

一方的に親切にされると恩を返そうという気持ちが芽生える

人は、親切にされると、何かしらお礼をしなければという気持ちになる傾向があります。
そのため、誰かに一方的に親切にされ続けると、何か借りができたようで落ち着かない気持ちになります。

また、恩のある相手から何か頼まれると、それが多少面倒なことであっても引き受けざるを得ないという気持ちになってしまいます。
情けは人の為ならず」という言葉のように、親切はいずれかの形で、必ず自分に返ってきます。

日頃から小さな親切を積み重ねておくと、自分が困ったときに助けてもらえるでしょう。

最後に

今回は「気になっている相手との距離を縮めるポイント」について記事にしました。
相手と距離を縮めるためには、相手に優しく接すること、親切を積み重ねることが有効です。
職場などで距離を縮めたい相手がいるときには、紹介したポイントを意識してみるのが良いでしょう。

コメント