苦手な人への効率的な対処方法【心理テクニック】

心理テクニック
スポンサーリンク

苦手な人への対処方法

苦手な人への対処方法

あなたの職場に、ハラスメントを平気でしてくる上司や怖くて話しかけづらい先輩はいませんか?

会社という一つの組織において、コミュニケーションは非常に重要な要素となります

特にあなたに指導・教育を行う上司・先輩やあなたが指導・教育を行う後輩・部下とのコミュニケーションは必須となります

しかし、残念なことに、世の中の会社にはパワハラ上司やわがままな部下が存在しているのも事実です

ですので、これから紹介する方法を上手く利用して、効率良く仕事をこなせるようになりましょう

パワハラ上司には必要以上に怖がってみせる

パワハラ上司には必要以上に怖がってみせる

怖がってみせた後の「不意の一言」で形成を逆転する

すぐ感情的になり、大声で怒鳴ったりするパワハラ上司やクレーマーが多々存在しています

実は、このような人は相手を選んで攻撃を仕掛けているのです

このようなタイプは、弱そうな相手が慌てて焦る様子を見て満足する悪癖があります

ですので、あなたは、あえて反論せず目一杯慌てて必要以上に怖がってみるのが良いでしょう

そして、とどめの一言で「警察を呼びます」「社長に直訴します」とビクビクしながら伝えましょう

そうすることで、相手は気勢をそがれる可能性があるので、形成逆転の第一歩となるでしょう

とことん怖がった後の一言は、相手を驚かせ、動揺させるのに持って来いとなります

傲慢でプライドが高い人ほど誰かに頼られるのを待っている

傲慢でプライドが高い人ほど誰かに頼られるのを待っている

自尊心を満たしてあげれば手玉にとれる

プライドが異常に高く、他人を見下しているような人には、誰も頼み事をしたいと思わないでしょう

しかし、このようなタイプは、自分の有能さと比べて、周囲の評価が低いことに対して不満を感じている場合があります

実は誰かに頼られるのを待っているのです

上司や先輩にこのようなタイプがいたら「××を教えてください」「お力を借りたいのですが」とすがりつくのが有効です

相手の自尊心を満たして、優越感を与えることで、簡単に手玉にとれるのです

自尊心を満たすような相談で苦手な人にアプローチする

自尊心を満たすような相談で苦手な人にアプローチ

「嫌い」を逆手にとって仕事をやりやすくする

あなたの職場に苦手な人、怖くて話しかけづらい上司・先輩はいませんか?

たとえあなたと相性が良くない相手であっても、ビジネスの場では、一緒に仕事をしなければなりません

ですので、相手をシャットアウトせずに、自分からアプローチして、良好な関係を築いていくのが良いでしょう

また、苦手な上司や先輩に話しかけるときのポイントは、相手の自尊心を満たすような言葉を添えることです

○○さん、前にあの案件をスムーズにまとめたと聞いたので、相談したいことがあるのですが・・・」といったように、自分から相談を持ち掛けるなどして、アプローチしてみるのが効果的です

あなたからそのような言葉を投げかけられれば、相手も悪い気はしないはずなので、上手く会話をすることができるでしょう

最後に

今回は「苦手な人への効率的な対処方法」について紹介しました。

苦手な人への効率的な対処方法をまとめると

怖がってみせた後の「不意の一言」で形成逆転を狙う

自尊心を満たしてあげる

「嫌い」を逆手にとって仕事をやりやすくする

となります

もしあなたが、苦手な人と上手く関わっていきたいと思うのであれば、紹介したポイントを意識してみると良いでしょう

コメント