相手の感情をコントロールする【心理テクニック】

心理テクニック
スポンサーリンク

目の前にいる相手の感情を思い通りに操るポイントについて

相手の感情を思い通りに操るポイント

例えば、職場やプライベートで怒りっぽい人っていますよね?

よく分からない理由で突然不機嫌になったり、雰囲気が元々怒りっぽい人など、少なくともあなたにとっては、不快感を抱くきっかけになってしまう人のことです

これは、元々起こりやすい人かあなたを嫌っている人の感情が表れている証明となります

職場、プライベートに問わず、お互いが不快感を抱いてしまうような関係は好ましくありません

ですので、以降紹介するポイントを意識して、なるべく不快にならないように行動してみると良いでしょう

相手の怒りに萎縮せず、不当な言動や行動について、冷静に指摘する

相手の怒りに萎縮せず冷静に指摘する

適度な「反同調行動」によって怒りを鎮める

相手の意見や行動を肯定する「同調行動(ページング)」を行うと、相手の気分が良くなるため、現状の関係が長続きしやすい傾向があります

しかし、この「同調行動」が逆効果になってしまうケースもあります

例えば、目の前にいる相手が怒っているときに「怖がる」という同調行動をしてしまうと、相手がつけあがり、怒りが継続してしまいます

このような場合には、相手の不当な言動や行動に対して、冷静に指摘することを心がけましょう

怒って興奮している相手に対しては「周りの迷惑です」や「少し静かにしてください」といった指摘をする「反同調行動(ディスペーシング)」を行いましょう

それによって、相手の怒りを鎮めることが出来る可能性があります

怒り出したことを指摘して、相手の怒りを鎮める

怒り出したことを指摘して相手の怒りを鎮める

怒りやすいという欠点を認識させ、感情をコントロールしていく

思い通りに話が進まないと、すぐに怒り出してしまう人とは、会話のキャッチボールが成り立ちません

ですので、怒りやすい人に対しては、怒り出したことを指摘してみると良いでしょう

それによって、相手は、暫く怒り続けるかもしれませんが、次第に自分がすぐに怒り出してしまうということを認識します

相手が自身の欠点を認識すると、高ぶった感情を抑えることができるようになるのです

この時のポイントとしては、あなたがきっかけを作ってあげることとなります

周囲の人が、感情をコントロールできるようにするきっかけを作ってあげることが大切です

毛嫌いしてくる相手には、小さな親切で対処してみる

相手に「おや?」と思わせるような行動を積み重ねる

自分のことを嫌っている相手と仲良くなりたいのであれば、まずは相手が自分に対して抱いている偏見を消す必要があります

そのためには、普段と違った行動をとって、相手を驚かせてみるのが一つの手です

最初は相手に不審がられるかもしれませんが、徐々に相手の抱えている固定概念を薄めることができます

例えば、「ドアを開けてあげる」「飲み物を差し入れる」などの行動です

小さく、簡単なことで良いので、これまであなたがやってこなかった小さな親切を積み重ねてみるのが良いでしょう

最後に

今回は「相手の感情をコントロールするコツ」について紹介しました

人の感情をコントロールするコツをまとめると

適度な「反同調行動」を行う

相手に自身の欠点を認識させる

相手に小さな親切を積み重ねる

となります

もしあなたが、相手の感情をコントロールしたいと思うのであれば、紹介したポイントを意識してみると良いでしょう

コメント