苦手な人の特徴を理解して上手く関わる【心理テクニック】

心理テクニック
スポンサーリンク

苦手な相手に否定的な意見を言うときのコツは?

苦手な相手に否定的な意見を言うときのコツ

例えば、下のような場合、あなたならどのように反論しますか?

  • 上司:前に伝えたこの企画について、上手くいけると思うだろ?
  • 自分:○○○○○○

○○○○に当てはまるものとして、下の選択肢のどれが適切か考えてみましょう。

  • 反対意見をストレートに言う
  • まず反対意見を言い、その後相手の意見をフォローする
  • まずは賛成意見を伝え、「しかし・・・」と反対意見を切り出す

苦手な相手には適切な対応をし、敵対しないように心がける

苦手な相手には適切な対応をし敵対しない

誰にでも苦手な相手というのは、一人や二人いると思います。
例えば、いつも怒っている人や嫌がらせをしてくる人、他人の悪口ばかり言っている人など・・・

どうしても受け入れることができないやっかいな相手にはどう接して、どう対処すれば良いのでしょうか?
相手を刺激してしまうと、余計に怒らせたり、更に嫌がらせをさせる場合もあるでしょう。

ここで大切なのは、相手の怒りを鎮める心理テクニックを知ること
そして、嫌がらせをしてくる人に罪悪を自覚させることとなります。

心理テクニックを知り、実際に使うことで、苦手な相手との距離感を縮めることも、広げることもできるようになります。
相手との関係性や距離感、苦手の度合いを考えて、適切な対応をとれるようになりましょう。

そうすることで、あなたが余計なストレスを感じることもなくなるはずです。

苦手な相手に否定的な意見を言うコツ

苦手な相手に否定的な意見を言う

まずは賛成意見を伝え、「しかし・・・」と反対意見を切り出すこと

相手に反論したときには「イエスバット法」が有効となります。
これは「なるほど」「その通り」などの肯定的な言葉をまずは伝え、いったんは相手の考えに同調してから「しかし・・・」と反論するテクニックです。

一度同調することによって、相手は容認されたという安心感を得ます。
そのため、その続きの言葉にもしっかりと耳を傾けてくれるようになるのです。

ポイントとしては「しかし、それだとダメですよね」などといった否定的な言葉を使わないことです。
しかし、こういう方法もいいと思います」といった否定的ではなく、こちらから提案するような形をとると良いでしょう。

怒らせた相手に謝罪するコツ

怒らせた相手に謝罪する

怒らせてしまった相手には、グレーの服を着て謝罪すること

グレーは相手に穏やかな印象を与え、警戒心を和らげるヒーリングカラーとなります。
色彩心理学では、グレー(灰色)はソフトな印象を与え、警戒心を和らげる効果があり、周囲の人たちを引き立たせる色と言われています。

そのためグレー(灰色)は「ヒーリングカラー」と呼ばれ、相手の気持ちを落ち着かせ、態度も柔軟にさせる作用があり、謝罪するときに効果的な色だとされているのです。
また、グレー(灰色)を身につけていると、個性を薄く感じさせる効果があるので、自分の存在感を際立たせたくないときに着用するのが良いでしょう。

色彩心理学とは

色彩心理学とは、端的に言えば「色が持つイメージ」「色が与える心理への影響」のこととなります。
色によって、人はやる気が出たり、癒されたりし、さらに商品の売れ行きなどにも左右されることがあります。
ですので、色彩心理学は、マーケティングの分野でも重要視されている心理学の一つなのです。

  •  ➡ やる気を起こさせる
  •  ➡ 威厳や風格、存在感を演出する
  •  ➡ 気持ちを鎮静させ、集中力を高める
  •  ➡ 親近感を与える
  •  ➡ 安らぎを与える
  • ピンク ➡ 可愛らしく、優しい気持ちになる
  •  ➡ 高級感や高貴さを演出する
  •  ➡ 純粋さや、無垢なイメージを演出する

最後に

今回は「苦手な相手と上手く関わるためのポイント」について記事にしました。

苦手な相手と関わるコツをまとめると

  • 苦手な相手には適切な対応をし、敵対しないように心がける
  • まずは賛成意見を伝え、「しかし・・・」と反対意見を切り出す
  • 相手を怒らせてしまった場合には、グレーの服を着て謝罪すること

となります。

もしあなたが、苦手な相手と上手く関わりたいと思うのであれば、紹介したポイントを意識してみると良いでしょう。

コメント