相手に好印象を与えて自己評価を高める【心理テクニック】

心理テクニック
スポンサーリンク

相手に好印象を与えるためには?

相手に好印象を与えるためには?

興味のない話題に対しても、真剣に聞いているという印象を与えるためには、どのようにしたら良いでしょうか?

相手の言葉をオウム返しする

黙って相手を見つめる

何かを考えているフリをする

答え:相手の言葉をオウム返しする

相手の話に耳を傾けていることを伝えるのに有効なのが「オウム返し」です

この「オウム返し」は、「ペーシング」という心理テクニックの一種となります

相手の言ったとおりに言い返すと、相手は安心して自分が受け入れられていると感じ、好印象を抱きます

ただし、わざとらしい「オウム返し」をするだけでは、逆に悪い印象を与えてしまうので注意が必要となります

ポジティブな第一印象を抱かせる

ポジティブな第一印象を抱かせる

人は出会った最初の数秒で相手の印象を決めると言われています

ですので、第一印象は良好な人間関係を築くうえで非常に重要な要素となります

初対面で良い印象が刻まれれば今後の関係が上手くいく可能性が高まるのです

しかし、初対面で好印象を与えられなかったとしても、そこまで落ち込む必要はありません

あなたの好感度を上げるチャンスは日々の日常の中に潜んでいるのです

第一印象は、見た目や表情、しぐさなどの視覚情報に大きく左右されますが、何よりも、好感度を高めるためには、相手に「嬉しい」「幸せ」といったポジティブな感情を抱かせることが大切です

親切な気遣いや小さな気遣いを相手に示すことで、悪い第一印象も挽回することができるのです

まずは相手の感情を考え、状況にあった心理テクニックを使用し、好感度を高めていくのが良いでしょう

人は「見た目➡話し方➡会話内容」の順番で影響される

人は「見た目➡話し方➡会話内容」の順番で影響される

言葉を取り繕うよりも、服装や態度を重要視する

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンは、話し手が、どちらとも取れるメッセージを送った場合、聞き手側は

見た目や態度などの視覚情報(55%)

声や口調などの聴覚情報(38%)

会話内容などの言語情報(7%)

の順番で影響を受けると指摘しています

このことを「メラビアンの法則」と言います

つまりは、言葉をいくら取り繕っても、相手はあなたの見た目や態度に影響を受け、判断してしまうのです

初めて誰かと会うときには、身だしなみを整え、話し方にも気をつけると良いでしょう

第一印象の9割は丁寧なお辞儀で決まる

第一印象の9割は丁寧なお辞儀

人は自分が感じた第一印象を正しいと思い込もうとする

人は自分の第一印象を正しいと思い込もうとする傾向があります

ですので、一番最初に悪い印象を持たれてしまうと、後でそれを払拭するのが難しくなります

このように第一印象が人の心に強く残る心理を「初頭効果」と言います

※初頭効果・・・初対面のときに抱いた第一印象が、相手の中に強く残ること

そのため、初対面の人を会うときは、最初に丁寧なお辞儀をしてみましょう

第一印象を良くすれば、その後の関係がスムーズに進展しやすくなるでしょう

無表情より笑顔のほうが、注目度は20倍もアップする

無表情より笑顔のほうが、注目度は20倍もアップ

屈託のない笑顔は、屈託のない親しみを生む

男女3人ずつのモデルに協力してもらい、笑顔と無表情の写真を撮影して、40人の被験者に見せたところ、笑顔の写真は、無表情の写真の20倍も人を引きつける力があったという実験結果があります

第一印象を良くしたければ、自然な笑顔を作れるようにしておくのが良いでしょう

また、笑顔には、周りの人の笑顔を引き出す効果もあります

普段から笑顔を意識していれば、自然にあなたの好感度が高まり、気の合う人たちが集まるようになるでしょう

最後に

今回は「第一印象を良くするための方法」について記事にしました

第一印象を良くするための方法をまとめると

言葉を取り繕うよりも、服装や態度を重要視する

人は自分が感じた第一印象を正しいと思い込もうとすることを知っておく

屈託のない笑顔は、屈託のない親しみを生むことを知っておく

となります

もしあなたが、初めて会う人からの印象を良くしたいと思うのであれば、紹介したポイントを意識してみると良いでしょう

コメント

  1. […] ユヅブログ相手に好印象を与えて自己評価を高める方法http://proitemsearch.com/… […]