嫌なことを言ってくる人を黙らせる【心理テクニック】

心理テクニック
スポンサーリンク

自分に嫌なことを言ってくる相手を黙らせる方法

この記事では、あなたに嫌なことを言ってくる人、皮肉を言ってくる人、挑発してくる人を黙らせるための方法を紹介します

人は、心理的に自分のことまたは自分の周りのことに対して、批判してくる人を敵視しがちです

誰であっても、気分が悪くなるようなことを言われるのは嫌なのです

しかし、そのような態度をとってしまう人というのは、それが癖となってしまっている可能性が非常に高いため、なかなか改善するのが難しいです

なので、相手がそのような態度を取り始めたら、なるべく早く黙らせて、自分を守る行動が大切となります

これから紹介するポイントを意識して、そのような態度をとる人とは関わっていくのが良いでしょう

怒っている相手には、鏡を見せて客観視させる

怒っている相手には、鏡を見せて客観視させる

自分を客観視させて我に返らせる

人は怒りに火が点くと、自分の気持ちが抑えられず、そのまま怒り続ける傾向があります

そんな怒りを鎮めるためには、鏡を見せてみるのが有効です

鏡で自分がどれだけ怒っているのかを客観的に見せることで、怒っていた人は我に返り、感情の高ぶりが収まる可能性があります

もし、手がつけられないほど怒っている人がいたら「髪が乱れていますよ」などと適当な理由を作って、鏡を見せてあげましょう

ただし、逆に怒りを煽ってしまう可能性もありますので、注意が必要となります

皮肉を言う相手には適当な相づちが効果的

皮肉を言う相手には適当な相づちが効果的

適当な相づちでまともに取り合う気がない意思を示す

あなたの周りに、わざと意地悪なことを言って困らせてくる皮肉屋はいませんか?

このようなタイプは、他人をおとしめることで自分の優位性を確認したいという陰湿な考え方をする傾向があります

ですので、皮肉屋には「それが何か?」や「別に・・・」などといった適当な相づちを打ってあしらうのが効果的です

それでも攻撃が続く場合には「なるほどぉ、なるほどぉ」のようなおちょくった相づちを打ちましょう

そうすることで相手は「この人には何を言っても無駄だ」と感じるようになり、徐々に攻撃しなくなっていくのです

しつこい挑発をしてくる相手には沈黙で対抗する

挑発をしてくる相手には沈黙で対抗

沈黙の理由を相手に考えさせて黙らせる

あの手この手で挑発して、わざと相手を黙らせようとする悪質な人が世の中たくさんいます

そんなタイプには冷静に対処することが一番なのですが、それでも効果がないときは「沈黙」が効果的です

突然沈黙されると相手は不安な気持ちになる傾向があります

沈黙は金、雄弁は銀」という言葉があるように、沈黙を守るほうが相手に伝わることがあるものです

ですので、悪質な人に対しては「沈黙」で対抗するのが良いでしょう

最後に

今回は「嫌なことを言ってくる人を黙らせる方法」について紹介しました

嫌なことを言ってくる人を黙らせる方法をまとめると

自分を客観視させて我に返らせる

適当な相づちでまともに取り合う気がない意思を示す

沈黙の理由を相手に考えさせて黙らせる

となります

もしあなたが、嫌なことを言ってくる相手にうんざりしているのであれば、紹介したポイントを意識してみると良いでしょう

コメント