相手の行動から本音を読み取る【心理テクニック】

心理テクニック
スポンサーリンク

相手の自分への好意の度合いを知りたい

口角と目を観察することで、相手の作り笑いを見抜く

相手の「笑顔」の頻度で、自分への好意の度合いがある程度分かります。
しかし、笑顔といっても「作り笑い」の可能性もあります。
ですので、相手の笑顔が本物かどうかを見抜けなければ、実際のところの好意は分かりません。

人の本物の笑顔は、目と口が連動する

人の「本物の笑顔」とは、小頬骨筋しょうきょうこつきん大頬骨筋だいきょうこつきん(頬にある筋肉)で口角を引き上げ、眼輪筋がんりんきん(目の周囲にある筋肉)が下まぶたを押し上げて目が細くなる。という状態のこととなります。
口角の上昇に伴って、目が細くなるのが最大の特徴です。

これに対して「作り笑い」とは、目が開いたまま、口元だけが笑っている状態のこととなります。
まさに「目が笑っていない」というのは、このことになります。

  • 本物の笑顔・・・目と口が連動して笑う
  • 作り笑い・・・口元だけが笑う。状況を把握するために、大きく目を開いている場合もある

相手の抱えているストレスの度合いを探りたい

ストレスを感じている人の口元は、一直線状になっている

例えば、「ムッとした表情」という言葉があると思います。
これは、人が誰かにからかわれた場合などに、口元が一直線状に結ばれることと意味する言葉となります。

ストレスによって唇に力が入ってしまう

これは、ストレスがかかっているときの表情となり、不安や緊張、怒りなどを感じているとき、また、誰にも言えない隠し事をしているときにあらわれます。
相手のストレスの度合いや隠し事があるかどうかを探りたいときには、何か質問をしたあとに口元を確認してみるのが良いでしょう。

相手の不安感を知りたい

相手の声が高く、早口になったら、不安を抱えている可能性がある

人は窮地きゅうちに追い込まれると、声のトーンが高くなったり、うわずったりする傾向があります。
もし、相手と会話をしている最中に、急に声が高くなったら、その話題に関して不安や問題を抱えている可能性が高いでしょう。

声のトーンや会話のスピードでわかる、感情の変化

また、人の焦りは、その人の話すスピードにも影響してきます。
相手と会話していて、普段会話するときの会話スピードよりも速いと感じたら、相手は緊張状態にあると考えられます。

最後に

今回は「相手の行動から本音を読み取る方法【心理テクニック】」について記事にしました。
感情によって変化する表情を理解することで相手の心情を見抜くことができます。
あなたが会話している相手の心情を知りたいと思ったときには、紹介した方法を試してみると良いでしょう。

コメント