相手の癖やしぐさから心理状態を見抜く【心理テクニック】

心理テクニック
スポンサーリンク

癖やしぐさから相手の心理状態を見抜く

この記事では、目の前にいる相手が、今どのような心理状態なのか。
また、どのような心情なのかを相手の癖やしぐさから見抜くためのポイントについて紹介します。

会話している相手の心理状態に合わせてあげることで、あなたへの好感度が高まる可能性があります。
相手から良く思われるために、相手の癖やしぐさから、今の相手の心理状態を見抜けるようになりましょう。

首をすぼめて話す人は、相手を警戒している可能性が高い

  • 首元の見せ方で相手の警戒心が分かる

人の首元を見せるという行動は、信頼、または服従の意味を示しています。
何故なら、首には人間の弱点である頸動脈が存在しており、余程信用している相手でないと見せる気にはならないからです。

逆に、首元を隠すという行動は、相手を警戒している心理のあらわれだと考えられます。
会話をしているときに、その相手がこのようなしぐさを行った場合には、あなたの話を理解できず、質問や指摘をされないように警戒しているのかもしれません。

※首元を見せてくる人がいたら、あなたに好意がある可能性がある

指と腕の組み方で、相手の基本的な性格が分かる

  • 「右脳」と「左脳」の機能から性格を判断する

人が指を組んだときや腕を組んだとき、左右どちらの親指が上になり、どちらの腕が下になるのでしょうか。
実はこの指や腕の位置によって、その人の性格などが分かるのです。

これは、左半身をコントロールする右脳(非言語的、直感的な働きなどを司る)と右半身をコントロールする左脳(言語的、論理的な働きなどを司る)、それぞれの脳機能の面から考えられた説となります。

この説は、非科学的だと指摘される一方、確実性が高いと支持されてもいるのです。
下記の例を参考にして、どのタイプに当てはまるのかを試してみてください。

思考の入力(後頭葉こうとうようが関わる)→「理解」の脳

  • 手を組んだとき、右手親指が上・・・左脳タイプ
  • 手を組んだとき、左手親指が上・・・右脳タイプ

思考の出力(前頭葉ぜんとうようが関わる)→「表現」の脳

  • 腕を組んだとき、右腕が上・・・左脳タイプ
  • 腕を組んだとき、左腕が上・・・右脳タイプ

診断結果

  • 指が右脳タイプで腕が右脳タイプ・・・直感で処理するタイプ(楽天的、マイペース、自分好き)
  • 指が右脳タイプで腕が左脳タイプ・・・直感で捉えて論理的に処理するタイプ(個性的、負けず嫌い)
  • 指が左脳タイプで腕が左脳タイプ・・・論理的な分析思考を持っている(几帳面、努力家)
  • 指が左脳タイプで腕が右脳タイプ・・・論理的に捉えて直感で処理するタイプ(大雑把、社交的)

ボールペンをカチカチさせる人は、集中力が高まっている

  • 注意せずに放置したほうが相手の作業効率は高まる

人のボールペンをカチカチさせる癖は、やっている作業に飽きてしまった人がやるイメージがあります。
しかし、心理的に考えるとむしろ逆なのです。

ボールペンの「カチカチ」というのは、思考に心地良いリズムを自分で生むことができるので、集中力が高まっている人がやっている傾向が強い行動となります。ですので、それがもし自分の部下や後輩であっても注意せず、そのままにしておいたほうが良い場合もあると言えます。

部下や後輩には集中力を継続してもらい、効率良く作業を進めてもらうようにすると良いかもしれません。
※ただし、自分以外の周りの人に迷惑をかけている場合には注意しましょう。

携帯ばかり触るのは、気まずさから逃れたいサイン

  • 話さなくても良い空間を作るために、人はスマホを触る

例えば、二人でいるときに、会話もせずにスマホを使用し続けていることはありませんか?
この行為には、実は「気まずい」という本音が隠れています。

何故なら、相手との会話が続かず、何かを話さなければというプレッシャーから逃れるために、「私は今スマホを使用しているので話している場合ではない」という建前を自分自身と相手に突きつけることで「話さなくてもよい空間」を作り出しているからです。

せっかく誰かと一緒にいて、話すことができるにも関わらず、スマホに現を抜かしているというのは非常に勿体ないと思います。
人はずっと一緒ではありませんが、スマホは所持している限りずっと一緒です。
ですので、私は誰かといるときには極力スマホを触らないようにしています。

最後に

今回は「相手の癖やしぐさから心理状態を見抜くポイント」について記事にしました。
相手の癖やしぐさから心理状態を見抜くことで、相手の本音を見抜くことができます。
あなたが会話している相手の本音を知りたいと思ったときには、紹介した方法を試してみると良いでしょう。

コメント