相手の話を止める【心理テクニック】

心理テクニック
スポンサーリンク

相手の話を止めたり黙らせるポイントについて

相手の話を止めたり黙らせるポイント

あなたの周りに「長々と結論の見えない話を続ける人」や「口の悪い人」「嫌味を言う人」はいませんか?

いるだけで周りの雰囲気が悪くなり、一緒にいて不快感を感じてしまうような人のことです

そのような人は大抵周りのことを何も考えておらず、自身の感情を一方的に吐き出しているだけの迷惑な人となります

もしあなたの周囲に、このような人がいる場合は、必要最低限で関わることをお勧めします

また、必要最低限といっても、会話をするときもあるかと思いますので、その際にはこれから紹介するポイントを意識してみましょう

できるなら、あなたに悪影響を与える可能性がある人とは、なるべく関わらない方が良いと私は考えます

「つまり・・・ですね」と会話に終止符を打つ

会話に終止符を打つ

ダラダラと長い話を切り上げるための一言

打ち合わせや会議、電話などで、長話になりがちな人がいると思います

もしあなたが、話を早く切り上げたい場合には「つまり××ということですね」と結論づけましょう

つまりは、こちらから会話を終わらせる流れを作るのです

それでも長々と話が続く場合は「つまり××ということですね。承知しました。」と言って、会話を強引に終わらせるのが良いでしょう

もちろん、角が立たないように、この方法を使うタイミングや言い方には十分気を付けることが必要です

ムダ・ムリ・ムラを無くして、効率良く自分が動けるように行動することが大切なのです

汚い言葉を使う相手を「オウム返し」で黙らせる

汚い言葉を使う相手を「オウム返し」で黙らせる

汚い言葉を繰り返し、醜さを相手に気づかせる

下品なことを平然と言ったり、陰でこそこそと悪口を言うような人を黙らせるのに効果的な方法があります

それは、その人が使った汚い言葉を確認するかのように「オウム返し」をすることです

そうすると、自分がどれだけ醜いことを言ったのかを相手にわからせることができます

人と人が関わり合って成り立っている社会では、常に相手を思いやる気持ちを持つことが大切です

親しき中にも礼儀あり」という言葉を忘れないようにしましょう

唐突に自分の話を始めて、不快な言動を遮る

唐突に自分の話を始めて不快な言動を遮る

不快になる言葉は素直に受け止めないこと

もしあなたが、相手から不快な言葉を投げかけられたら、無視するか、遮るかして唐突に自分の話を始めるのが良いでしょう

そうすると、相手は面食らい、言葉に詰まってそれ以上は嫌味なことを言ってこなくなります

あなたは、嫌味や不快な言葉を素直に受け取る必要はないのです

そのようなことをする人がいたら「その程度の人なんだな」と割り切って、勝手に言わせておくのが良いでしょう

他人の愚行によって、あなたの素晴らしさを汚すのは、客観的に容認されることではないのです

最後に

今回は「相手の話を止めるコツ」について紹介しました

相手の話を止めるコツをまとめると

ダラダラと長い話を切り上げるための一言を言う

汚い言葉を繰り返し、醜さを相手に気づかせる

不快になる言葉は素直に受け止めない

となります

もしあなたが、自分の感情を他人によって悪い方向へコントロールされたくないと思うのであれば、紹介したポイントを意識してみると良いでしょう

コメント