心理学を学んでカウンセラーになりたいあなたへ【学習方法を紹介】

心理学

この記事は、次のようなことについて知りたい方向けです

心理学を学んでカウンセラーになるための方法

カウンセリングの具体的な内容

心理学の学び方

近年、心理学の知識が役に立つ場面が増えてきています

その理由としては、感染病による影響で「外出自粛」や「在宅ワーク」が推奨されつつあるからです

人は密閉された閉鎖的な空間に長い間居続けると、精神に異常をきたし、鬱などになってしまいます

このようなことから、心理学の知識を活かし、誰かの心の悩みを解決できる場面が増えているのです

また、この記事を最後まで読むことで次のようなことが分かります

心理学を学んでカウンセラーになるための方法

カウンセリングの具体的な内容

心理学を学ぶ方法

3分程度で最後まで確認できます

それでは確認していきましょう

スポンサーリンク

心理学を学んでカウンセラーになるための方法

カウンセラーになるための方法

カウンセラーになるための方法

基本的に「カウンセラー」になるためには、心理学を学び、資格を取得する必要があります

誰かの心の悩みを解決するためには、それなりの知識と肩書があったほうが安心感があるためです

では、具体的にどのような種類のカウンセラーがいて、どのような資格があるのか気になると思います

これらについては、それぞれ別の記事で紹介しているので、事前に確認しておきましょう

心理学に関係する職業

心理学に関係する資格

次に、カウンセラーになったらどのようなことができるようになるのか解説していきます

カウンセラーになるとできること

カウンセラーになると次のようなことができるようになります

カウンセリング(問題・悩みの相談受け)

メンタルケア

自己管理

カウンセリングに関しては、そのままの意味となりますので省略します

メンタルケアというのは、全て人がいきいきと働けるように気配りや援助を行うこととなります

また、メンタルケアを行う環境の整備と仕組み作りもできるようになります

自己管理については、自分自身の精神状態の維持メンタルのケアという部分が自己完結できるようになることです

上記より、カウンセラーになることで、およそ全ての人の心の悩みを解決したり、相談に対して適切な回答を行えるようになるのです

よって、カウンセラーの価値は非常に高いと言えるでしょう

カウンセラーの価値について

ここまでで、カウンセラーのなり方とカウンセラーになるとどのようなことができるかが分かったと思います

そのことから、カウンセラーの価値は非常高いと言えるでしょう

なぜなら、人の悩みを解決できる高い可能性を有しているからです

例えば、職場での人間関係がうまくいっていないことで悩んでいる人がいるとします

心理学を学び、資格を取り、カウンセラーになった人がその悩みを抱えている人の相談に乗った場合、ほぼ間違いなく現状よりは良い方向に進んで行くと考えられます

なぜなら、心理学は「人間の心理を研究する」学問なので、基本的に人間が関わるような悩みに対しては、どう解決すれば良いのかが頭に入っているからです

よって、人の悩みを解決できるカウンセラーには、非常に価値があると言えます

カウンセリングの具体的な内容について

カウンセリングの具体的な内容

カウンセリングとは?

カウンセリングとは、専門性の高い知識やその技術を持っているカウンセラーと何かしらの悩みを抱えている相談者が対話し、その悩みの解決を手助けすることとなります

また、カウンセリングは「心理相談」とも呼ばれていて、幅広いジャンルで実施されるものとなります

しかし、このように聞くと、カウンセラーが一方的にアドバイスを行うようなイメージを思い浮かべてしまいがちですが、実は少し違います

本来のカウンセリングの趣旨は、相談者とのコミュニケーションの中で「相談者が抱える問題」に対して、新たな気付きを得たり、理解を深めたりすることです

そして、何よりも大切なのは「カウンセリングマインド」を持つことです

「カウンセリングマインド」とは、相談してきた人がどんな話をしてきても、途中で遮ったり否定することなく、受け身の態度で接する態度(または考え方)となります

では、実際に、カウンセリングはどのような内容で行われるのか紹介していきたいと思います

カウンセリングの内容

カウンセリングは、基本的に次のような流れで実施されます

相談者 ←→ カウンセラー

  1. 相談者:いま抱えている問題や悩み事をカウンセラーに伝える
  2. カウンセラー:話を遮ったりせずに受け身の態度で話を聞く

このような流れの繰り返しによって、カウンセリングは進んでいきます

また、カウンセリングの目的としては、相談者自身が現状の問題や悩みを自ら話していくうちに、今までは感じなかった自己肯定感や新しい気付きなどを通して、自発的な変化を促すこととなります

そして、カウンセラーには守秘義務があるため、カウンセリングの中で会話した内容については、本人の家族であっても話すことはできません

これは、相談者からしたら、安心して相談することができるということとなります

最後にポイントとして、カウンセリングにも様々な種類があります

なので、相談者の症状によって、カウンセリングの仕方を変えていく必要があるということを覚えておきましょう

どのような場合に行うのか?

カウンセリングは主に相談者から依頼があった場合に行われます

また、カウンセリングが行われる場所としては次のような場所となります

企業の医務室、保健室、カウンセリング室

精神保健福祉センター、保健所

医療機関の精神科、心療内科

相談者には必ずしも精神疾患があるとは限りません

なぜなら、日常で抱えてしまう悩みを解決したいと思った場合でも、カウンセリングは利用できるからです

なので、カウンセリングを行う際に、抱えている問題や悩みごとをしっかりと確認し、適切なカウンセリングを行っていく必要があります

心理学を学ぶ方法を紹介

心理学を学ぶ方法

心理学を学ぶ方法

心理学を学ぶ方法はいくつかあります。

この記事では、カウンセラーになるための勉強方法を紹介します。

【カウンセラーになるための方法】でも紹介しているように、カウンセラーになるには

心理学の知識

心理学の資格

が必要となります

これを見たあなたは「勉強もして、資格も取らないといけないの?」と思うでしょう

しかし、実は両方を効率良くこなす方法があります

それは「通信講座」を利用することです

オンライン通信資格ポータル【ラーキャリ】


心理学の通信講座では、主に資格取得を目指したものがあります

さらに、資格取得に必要な教材も事前に用意されているため、あなたはただ購入して勉強するだけでOKです

なので、カウンセラーを最短で目指したい、または無駄なことをしたくないと考えているあなたには「通信講座」を利用することをおすすめします

最短3週間で資格が取得できる通信資格【ラーキャリ】

心理学を学ぶとどうなるのか?

心理学を学ぶと「人の悩みを解決」できるようになります

なぜなら、心理学は「人の心理を研究する」学問だからです

また、心理学については別の記事で解説しているので、気になった方は確認しておきましょう

心理学を活かせる場面

心理学を学ぶことで得られる知識を活かすことができる場面については次のとおり

誰かの悩みを解決

人間関係の円滑な構築

恋愛を上手く進める

ビジネスの場

心理学は基本的に人が人であり続ける限り、無駄になることがない学問です

その代わり、時期によって需要が上がったり、下がったりすることがなく、ほぼ一定の価値となります

ですが、実態として、人間関係や恋愛の悩みを抱えている人はたくさんいます

ですので、まずは好奇心からでもいいので、心理学を勉強してみることをおすすめします

まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では「心理学を学んでカウンセラーになる方法が知りたい方」へ向けて書いてきました。

カウンセラーになるために必要なことをまとめます。

心理学を勉強すること

心理学の資格を取得すること

効率的に両方をこなすためには「通信講座」がおすすめです。

自宅でカンタン資格取得なら【ラーキャリ】


心理学に興味がある方は、ぜひ心理学を学んで、カウンセラーを目指してみるのも良いかもしれませんね

コメント