心理学を活かせる仕事の種類について

心理学

この記事は「心理学を活かせる仕事の種類が知りたい方」へ向けて書いていきます

心理学を活かせる仕事の種類が知りたい

心理学を活かせる仕事に就くためにはどうすればいいのか知りたい

心理学を活かせる仕事に関係する資格が知りたい

心理学を活かせる仕事にはいくつか種類があります

なぜなら、心理学は決して「カウンセラー」としてのみ活かせるわけではないからです

仕事というのは、基本的に人間の心が関わっていることがほとんどです

なので、心理学を学ぶことで仕事に活かしていけるようになるのです

また、この記事を最後まで読むことで、あなたは次のようなことが分かります

心理学を活かせる仕事の種類が分かる

心理学を活かせる仕事に就くためにどうすればいいのかが分かる

心理学を活かせる仕事に関係する資格が分かる

3分~5分程度で最後まで読めます

それでは確認していきましょう

スポンサーリンク

心理学を活かせる仕事の種類

心理学を活かせる仕事の種類

心理学を活かせる仕事とは?

今まで学んできた心理学、またはこれから学ぶ心理学は、主にカウンセラーとしての仕事に活かせます

カウンセラーの主な仕事内容は「人の心の悩み」を解決することとなり、これは心理学を学んだことによって得た知識を活かすことで可能です

例えば、カウンセラーの仕事として「スクールカウンセラー」があります

スクールカウンセラーは、学校などの教育現場で、学生のカウンセリングを行うことで、心の悩みや問題を解決します

また、ここまで読んだ方の中には

心理学は難しいんでしょ?

と思ってしまう方もいるかもしれません

しかし、問題ありません

現在は、心理学を学ぶための「教育機関」や「通信講座」「」の質が高まっているため、日々コツコツと学習することで、心理学を自分の武器にすることができます

なので、心理学を活かせる仕事に就きたいと考えている方は、まずは「ユヅブログ」から心理学を学んでみるのが良いでしょう

心理学を活かせる仕事のやりがい

仕事にはやりがいが付き物です

このやりがいがあるからこそ、人は仕事を頑張れます

心理学は「人の心を研究する学問」となり、心理学を学ぶと「人の心の問題」を解決できるようになります

よって、心理学を活かせる仕事のやりがいとは、「人の心の問題」を解決することにあります

さらに、心理学には「返報性の原理」という法則があり、人は何かされると自分も相手に何かしないといけないと錯覚します

誰かの悩みを解決することで、あなたはその人たちから感謝されるので、その時にはさらにやりがいを感じでしょう

心理学を活かせる仕事に就くとどうなる?

心理学を活かせる仕事に就くと、多くの人と関わる機会が増えます

なぜなら、心理学は主に「人の心の問題を解決」することに利用され、そのためには人と関わる必要があるからです

例えば、「産業カウンセラー」という仕事は主に「会社で働く人」のカウンセリングを行う仕事となります

実際にカウンセリングを行う方法としては、次のとおりです

対面(オフライン)

ビデオ通話(オンライン)

どちらにしても、カウンセリングを行う相手と会話します

それによって、お互いが知り合いになるので、全くに他人ではなくなるのです

以上のことから、心理学を活かせる仕事に就くと、多くの人と関わる機会が増え、新しい出会いにも恵まれます

心理学を活かせる仕事に就くための方法

心理学を活かせる仕事に就くための方法

心理学を学べる学校に通う

心理学を活かせる仕事に就くための方法として、心理学を学べる学校に通う選択肢があります

学校で心理学を学ぶ主なメリットは、実際に心理学の専門家から指導を受けられることとなります

例えば、もしあなたが心理学を学びたいと考えていて、実際に心理学を教わるとしたら次のどちらが良いですか?

心理学を独学で勉強した一般人

心理学を活かして仕事をしていたことのある専門家

多分、後者の専門家に教わりたいと思うはずです

なぜなら、一般人という肩書と専門家という肩書には、大きな差があるからです

ですので、実際に活躍してきたこと心理学の専門家に教わりたいと思うのであれば、学校に通う方法がオススメです

また、心理学を学べる大学については別の記事で紹介しています

気になる方は確認しましょう

未経験でも就ける仕事を探す

心理学を活かせる仕事に就くための方法として、心理学未経験でも働ける仕事を探す方法もあります

実際に心理学を活かせる仕事を探すときには、就職サイトなどを使用して探すと思いますが、家にポスティングされる地元の仕事募集のチラシには、稀に心理学に関係する仕事が掲載されている場合があります

このように募集している仕事は、実践の中で心理学を学びつつ働くことができるので、未経験で心理学を活かせる仕事がしたいと思っている方にはオススメです

また、心理学未経験でも働けるのか、別の記事で紹介しています

気になる方は確認しましょう

個人事業で心理学を使用する

心理学を活かせる仕事に就くための方法として、個人事業として心理学を使用する方法もあります

心理学は正しく学ぶことで「人間の心の問題」を解決することができるようになるので、個人カウンセラーとして働く選択肢もあります

基本的に仕事は「誰かに価値を提供」して「その対価」としてお金を貰います

ですので、「心に問題を抱えている人」に対して「その問題の解決」を提供することができれば、それは仕事となるのです

心理学を活かして、個人で事業を組み立てていきたい方にはオススメです

心理学を活かせる仕事に関係する資格

心理学を活かせる仕事に関係する資格

国家資格

心理学に関係する資格には、次のような国家資格が存在しています

公認心理士

この国家資格について簡単にまとめると

心に問題を抱えている人やその人の周りの人に、問題を解決するため相談・助言・援助を行う

心の健康を保つための知識や情報の共有を行う

このようなことをする仕事に就くための資格となります

民間資格

心理学に関係する資格には、次のような民間資格も存在しています

メンタルケア心理士(R)

認定カウンセラー

これらの民間資格について簡単にまとめると

心理学に対する知識・考え方が向上し、医療の現場などで活躍することができる

日本カウンセリング学会の科目を終了した証となる資格

このような資格となります

また、民間資格国家資格よりも比較的難易度が低いので、一般人でも取得しやすい資格となります

心理学に関係する資格については別の記事にまとめています

気になる方は確認しましょう

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上、心理学を活かせる仕事の種類について解説してきました

この記事で紹介してきた内容については次のとおりです

心理学を活かせる仕事の種類

心理学を活かせる仕事に就くための方法

心理学を活かせる仕事に関係する資格

心理学を学ぶことで「心の問題」を解決することができるようになります

もし、あなたが誰かの心の問題を解決する仕事がしたいと思ったら、心理学を学んでみるのが良いでしょう

コメント

  1. […] […]

  2. […] また、心理学を生かせる仕事の種類についてはこちらで紹介しています。 […]

  3. […] (心理学の種類についてはこちらの記事で紹介していますのでまだ知らない方は確認しましょう。) […]

  4. […] 心理学に関係する仕事についてはこちらの記事で紹介しているので、どんな仕事があるのか知りたい方は確認しておきましょう。 […]

  5. […] 合わせて読みたい記事はこちら […]

  6. […] 心理学の知識によって「誰かの悩みを解決したい方」についてはこちらの記事を確認してみると良いでしょう。 […]

  7. […] […]