心理学を仕事で活かしている企業について【種類や特徴まとめ】

心理学

この記事は「心理学を仕事で活かしている企業について知りたい方」へ向けて書いていきます

心理学を活かせる企業について知りたい

心理学を活かせる企業の特徴が知りたい

心理学を企業で活かす方法が知りたい

皆さんは、心理学を実際に仕事に活かしている企業をご存知でしょうか?

実は、心理学を大学などの教育機関で学んだ後、就職する企業が必ずしも心理学に関係があるところとは限らないという実態があります

なぜなら、心理学を実際に仕事で活かせる職業は限られているためです

さらに、就職するために必要な資格についても、難易度の高いものが多いため、取得できる人がそこまで多くないという実態となっています

また、この記事を最後まで読むと、あなたは次のようになります

心理学を活かせる企業について詳しくなる

心理学を活かせる企業の特徴が分かる

心理学を企業で活かす方法が分かる

3分~5分程度で最後まで読めます

それでは確認していきましょう

スポンサーリンク

心理学を活かせる企業とは?

心理学を活かせる企業

なぜ心理学は仕事で活かせるのか?

基本的に仕事は、人と人が協力し合うことで、どこかの誰かの役に立っています

なぜなら、人一人ではできることに限りがあるからです

例えば、コンビニでの仕事では、レジや商品の陳列、店内の掃除などがありますが、それら全てを一人で行うのは現実的に難しいと思います

なので、複数の従業員が役割分担して、日々仕事をこなしています

また、商品に関しては、別の工場などから業者が運んできているのを見たことがあると思います

そのことも踏まえて考えると、そのコンビニで働いている人だけではなく、外部の人とも協力し合うことで、コンビニの仕事が成り立っていることが分かります

しかし、ここまで読んだ方の中には

心理学という言葉が一度も出てきていないけど、
どのようなことに活かせるのかわからない

と思っている方もいると思います

これに関して、まず心理学とは「人間の心の研究をする学問」となります

詳しくは別の記事で紹介しています

そして、ここまで解説してきたとおり、仕事とは人と人が関わることで成り立っています

なので、人と人が関わる際には心理学は非常に有効な知識となるのです

よって、心理学は仕事に活かせるということが分かります

企業は仕事で心理学を活かすとどうなる?

心理学を仕事に活かせると、人との関わり方が上手くなるので仕事が円滑に進みます

理由としては、先ほど解説したとおり、仕事は人と人が関わり合うことで成り立っているので、関わり(チームワーク)が深くなればなるほど、仕事の進捗が上がりやすくなります

例えば、私が現在システムエンジニアとして働いている現場では、1つのチームとしてシステムの開発を行っています

チームの連携が上手く取れている時の進捗と、上手く取れていない時の進捗には大きな差があります

その原因としては、連携(コミュニケーション)が取れていないため「いつ・誰が・何を」やっているかが分からないということがあります

私は、この問題を解決するために、心理学の知識を利用し、チーム内のコミュニケーションを活性化させることを試しました

その結果、チーム内でのコミュニケーションが増え、各自の進捗の確認も容易になり、仕事が少しずつですが円滑に進むようになりました

この実体験を踏まえて考えると、心理学は仕事を円滑に進めるための一つの手段としても有効なのです

心理学と関連のある企業の種類について

実際のところ、心理学を活かせる企業には、どのような所があるのか気になると思います

結果から言うと「従業員が複数人存在している企業」となります

なぜなら、人間の心の研究をする学問である心理学は、人との関わり中でこそ知識を活かすことができるからです

例えば、人材派遣系の企業の場合は、クライアントに人材を提供すると思います

その際「ヒヤリング」も行うと思いますが

心理学はこのような場面で有効に活用することができるのです

ですので、基本的に心理学の知識は、どの企業においても役立てることができると考えられます

また、心理学と関係のある仕事については、別の記事で紹介しています

気になる方は確認してみると良いでしょう

心理学を活かせる企業の特徴

特徴①:人事職に力を入れている

心理学を活かせる職として人事職があります

そもそも、人事職とは何かというと、企業で働く人材を支える仕事となります

人事の役割としては、企業に必要な人材の採用と、採用した人たちがフルパワーで仕事ができる環境を作り出すことです

採用の際には、基本的にコミュニケーションをとるので、その際に心理学の知識を活かせると、その人の心を読み解くことができるようになります

人と関わる機会が多い職が人事職なので、心理学を活かすことができます

特徴②:営業職に力を入れている

心理学を活かせる職として営業職があります

営業職とは、見込み客に対して「自社製品」「自社サービス」「情報提供」といった商品の購入を促し、売買契約を結ぶ仕事となります

こちらも人事職と同様に、人(お客)と関わることがほとんどの仕事となるので、心理学を活かすことができます

特徴③:マーケティング職に力を入れている

心理学を活かせる職としてマーケティング職があります

マーケティング職とは、「新規商品」「サービスの企画」「市場調査」「販売に向けて営業戦略」「プロモーション」活動を行う仕事となります

こちらも人事職や営業職と同様に、人(社内、社外)と関わる必要のある仕事ですので、心理学を活かすことができます

心理学を企業で活かす方法

心理学を学んで実践する

これから仕事をするうえで、人間関係などの「人間絡み」の問題を解決したいと思ったら、心理学を学ぶことをおすすめします

なぜなら、人間関係において考えられる原因は、大抵「人間の心理」に関わっている場合がほとんどだからです

例えば、社内のコミュニケーションが不足しているなどです

コミュニケーション不足によって発生すると思われる問題としては、「管理ができないこと」や「社の雰囲気が悪い」です

なので、このような「人間の心理的に発生しうる可能性のある問題」を事前に防ぐために、心理学を取り入れるのも一つの手となります

何事も「早期発見」「早期解決」が大切だと思いますので、まずは心理学を学び、学んだことを仕事に取り入れて、円滑に仕事ができるように環境を整えることが大切です

心理学を学ぶ方法については別の記事で紹介していますので、知りたい方は確認しましょう

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上、心理学を仕事で活かしている企業について解説してきました

この記事で紹介してきた内容については次のとおり

心理学を活かせる企業とは?

心理学を活かせる企業の特徴

心理学を企業で活かす方法

心理学仕事には密接な関係があります

なので、もしあなたが仕事に心理学を取り入れて問題を少しでも解決したいと思うのであれば

ぜひ心理学を学んでみるのが良いでしょう

コメント

  1. […] 心理学を学習し、どのようなことに活かしていけるのかについては、こちらの記事で解説していますので、良かったら確認してみてください。 […]