心理学を仕事に活かす方法について【3つの具体例も紹介】

心理学

この記事は「心理学を仕事に活かす方法が知りたい方」へ向けて書いていきます

心理学を仕事で活かすとは?

心理学を活かせる仕事が知りたい

心理学を仕事で活かす方法が知りたい

心理学を仕事で活かすことには様々なメリットがあります

なぜなら、仕事は人と人が関わることで成り立っているからです

では、実際にどのようなメリットがあるのかというと、1つは良い人間関係を築けることです

心理学は「人間の心を研究する学問」なので、心理学を学ぶことで「人間関係の構築」も簡単にできるようになるのです

また、この記事を最後まで読むことで、あなたは次のようになります

心理学を仕事で活かすとどうなるかが分かる

心理学を活かせる仕事が分かる

心理学を仕事で活かす方法が分かる

3分~5分程度で最後まで読めます

それでは確認していきましょう

スポンサーリンク

心理学を仕事で活かすとは?

心理学を仕事で活かすとは?

仕事に心理学の知識が必要な理由について

心理学を学ぶことで身に付いた知識は、心の問題を解決するのに役立ちます

なぜなら、心理学とは「人間の心を研究する学問」だからです

仕事は基本的に「職場の仲間」や「お客様」と行うことが多いと思います

なので、仕事における人間関係はしっかりと構築していく必要があります

また、ここまで読んだ方の中には

仕事に心理学の知識が絶対に必要なの?

と思う方もいるかもしれません

この疑問に対しては、仕事において心理学の知識は絶対に必要というわけではありません

なぜなら、心理学の知識が無くても、良い人間関係を築ける人はたくさんいますし、何よりも大切なのはコミュニケーション能力だからです

しかし、「無いより有るほうがまし」という言葉のとおり、心理学の知識はあれば得する可能性が高まります

なので、職場で良い人間関係を築いていきたいと思っている方は、少しだけでも心理学を学んでみるのが良いでしょう

心理学を仕事で活かすとどうなるのか

心理学を学び、得た知識を仕事で活かすと、自分自身の評価を上げたり良い人間関係を構築することができるようになります

なぜなら、上記でも述べたように、心理学は「人間の心を研究する学問」なので、使い方によっては相手の感情をコントロールすることもできるからです

例えば、上司(または先輩)から高い評価を得るために有効な心理テクニックがあります

この心理テクニックは、基本的に相手を良い気分にさせるための方法となります

では、なぜ自分の評価を上げるために、上司の気分を良くする必要があるのかというと、人は感情によって行動する生き物だからです

心理テクニックを使用することによって、気分の良くなった上司は、あなたを高く評価する行動を起こすようになるでしょう

なので、心理学を仕事に活かすと自分自身の評価を高めることができるのです

心理学を仕事で活かすメリットは?

心理学を仕事に活かすメリットについては次のとおりです

同僚・上司・部下との良い人間関係の構築が容易になる

自分自身の評価を高めることができるようになる

心に問題を抱えている仲間を助けることができるようになる

特に「心の問題を解決することができる」については、カウンセラーとしても活かすことができるので、心理学を学ぶ最大のメリットだと考えられます

また「自分自身の評価を高める」については、心理法則を利用した「心理テクニック」を覚えることでできるようになるので、試してみたい方はまず心理法則について学んでみることをオススメします

心理学を活かせる仕事について

心理学を活かせる仕事について

カウンセラー

心理学は「カウンセラー」としての仕事に活かすことができます

カウンセラーとは、人が心に抱えている悩みや問題を解決するために手助けを行う職業です

そして心理学とは「人間の心を研究する学問」となります

つまりは、心理学はカウンセラーの仕事に活かすことができるということです

例えば、「心理カウンセラー」という職業があります

主な業務内容は、心理学を学んだことで得た知識を活かし、クライアントの悩みを解決することとなります

よって、心理学はカウンセラーとしての仕事に活かすことが可能となるのです

また、心理学を生かせる仕事の種類については別の記事で紹介しています

気になる方は確認しておきましょう

研究職

心理学は「研究職」としても活かすことができます

ここで定義する研究職とは「心理学者」のこととなります

心理学者は、心理学を専門とする研究者のこととなり、「大学・大学院の教員」や「テレビメディア」のコメンテーターとして活躍しています

また、「心理学のプロ」として、自分自身の研究活動、講義、講演、執筆、メディア出演など、活躍できる場は多く存在しています

例えば、カウンセラーとして現場を研究拠点にしつつ、クライアントを手助けするような人もいます

このような場合の業務内容については、基本的にカウンセラーと同じとなり、知識を活かしてクライアントの悩みを解決することとなります

よって、心理学は研究職としても活かすことが可能となります

教員

心理学は「教員職」としても活かすことができます

なぜなら、教育の現場では「教える人」と「教えられる人」が常に存在しており、そこには人間の心理も大きく関わっているからです

例えば、心理学の法則の中に「ピグマリオン効果」というものがあります

この心理法則は、主に教育の現場で使用されています

ピグマリオン効果ってどんな心理法則なの?

このように思っている方に関しては、別の記事で詳しく紹介していますので、確認しておきましょう

以上のことから、心理学は教員としての仕事にも活かすことが可能なのです

心理学を仕事で活かすための3つの具体例

心理学を仕事で活かすための3つの具体例

相手に好印象を与えて自己評価を高める

心理学を学び、得た知識を活かすことで、相手に好印象を与えて自己評価を高めることができるようになります

相手に好印象を与えるために意識すべきことは次のとおりです

言葉を取り繕うよりも、服装や態度を重要視する

人は自分が感じた第一印象を正しいと思い込もうとすることを知っておく

屈託のない笑顔は、屈託のない親しみを生むことを知っておく

詳しくは別の記事でまとめています

相手に好印象を与えて自己評価を高めたいと思っている方は確認しましょう

苦手な相手への効率的な対処

心理学を学び、得た知識を活かすことで、苦手な相手への効率的な対処ができるようになります

苦手な相手への効率的な対処方法は次のとおりです

怖がってみせた後の「不意の一言」で形成逆転を狙う

自尊心を満たしてあげる

「嫌い」を逆手にとって仕事をやりやすくする

詳しくは別の記事でまとめています

苦手な相手への効率的な対処方法を知りたい方は確認しましょう

相手と良い関係を築く

心理学を学び、得た知識を活かすことで、あまり親しくない相手と良好な関係を築くことができるようになります

良好な関係を築くコツは次のとおりです

相手のしぐさを真似して、共感していることを伝えてみる

右側から近づいて安心感を与えてみる

わがままな人には、想像させて従わせるようにする

詳しくは別の記事でまとめています

あまり親しくない相手と良好な関係を築いていきたい方は確認しましょう

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上、心理学を仕事に活かす方法について解説してきました

この記事で紹介してきた内容については次のとおりです

心理学を仕事で活かすとは?

心理学を活かせる仕事について

心理学を仕事で活かすための3つの具体例

心理学を学ぶことで、その知識を仕事で活かすことができるようになります

もしあなたが、仕事で心理学の知識を活かしたいと思ったら、ぜひ心理学を学びましょう

コメント