心理学を活かせるおすすめの仕事【具体的な仕事内容も紹介します】

心理学

この記事は「心理学を活かせるおすすめの仕事が知りたい方」へ向けて書いていきます

心理学を活かせるおすすめの仕事が知りたい

それぞれの仕事内容が知りたい

その仕事ではどのような人に価値を感じてもらえるのか知りたい

将来、心理学に関係する仕事に就きたいと考えたとき「どのような仕事がおすすめなのか」分からないときがあると思います

心理学を活かせる仕事が何かがわからないと、今の自分が何を勉強したらいいのかもわからず、行き詰ってしまいます

例えば、将来はスクールカウンセラーとして、学校などの教育機関でカウンセリングをして働きたいと思っている方が、何を勉強したらいいのかわからない場合

本当は教育心理学について勉強しないといけないにも関わらず、なぜか恋愛心理学を何カ月もかけて勉強してしまい、結果的にスクールカウンセラーに必要な知識が全くないといったことが考えられます

なので、大事なのは、なりたい職業への正しい知識と達成するための努力です

心理学を生かせる仕事に就きたいと思うのであれば、今一度自分自身がなりたい姿について考えて見るのが良いでしょう

また、この記事を最後まで読むことで、あなたは次のようなことが分かります

心理学を活かせるおすすめの仕事が分かる

それぞれの仕事内容が分かる

その仕事ではどのような人に価値を感じてもらえるのかが分かる

3分~5分程度で最後まで読めます

それでは確認していきましょう

スポンサーリンク

心理学を活かせるおすすめの仕事3選

心理学を活かせるおすすめの仕事3選

心理学を活かせるおすすめの仕事としては以下の3つとなります

企業内カウンセラー

メンタルトレーナー

スクールカウンセラー

おすすめ①:企業内カウンセラー

心理学を生かせるおすすめの仕事1つ目は「企業内カウンセラー」です

企業内カウンセラーとは、ある職場の「人間関係」や「その仕事に対しての悩み」を解決する仕事となります

また、メンタルヘルスに問題がある方など、その企業で働いている人の「心の問題」を解決していくのも仕事の一つです

年収については、雇われる企業によって若干の違いは出てきますが、平均して300万円前後となります

おすすめ②:メンタルトレーナー

心理学を生かせるおすすめの仕事2つ目は「メンタルトレーナー」です

メンタルトレーナーとは、カウンセリングを受けに来た人が抱える「悩み」や「ストレス」の問題解決をする仕事となります

活躍できる分野としては、「スポーツ」「ビジネス」「医療」など様々です

心理学をの知識を活かして、「カウンセリング」や「コーチング」を行いながら、依頼者の心の状態を改善することで、「体の動き」や「パフォーマンス」を向上させます

おすすめ③:スクールカウンセラー

心理学を生かせるおすすめの仕事3つ目は「スクールカウンセラー」です

スクールカウンセラーとは、教育の現場で「学生」や「教師」の心のケアを行う仕事となります

また、場合によっては「保護者」に対してもケアを行う場合があります

「受験勉強」や「いじめ」などのトラブルが増えてきているため、スクールカウンセラーの存在価値は高くなってきています

心理学を活かせる仕事の内容

心理学を活かせる仕事の内容

企業内カウンセラーの仕事内容

企業内カウンセラーの主な仕事内容は次のとおり

企業内での人間関係の悩みの相談に乗る

企業内での仕事における悩みの相談に乗る

企業内でのメンタルヘルス不調の相談に乗る

企業内での職場環境や仕事の進め方についての相談に乗る

企業内でのモチベーション管理についての相談に乗る

非常に幅が広い業務内容となっています

また、企業内カウンセラーの利点としては、上司に相談しにくいことも気軽に話せることがあげられます

メンタルトレーナーの仕事内容

メンタルトレーナーの主な仕事内容は次のとおり

クライアントが抱えている悩みやストレスのケア

クライアントが抱えている問題を解決するためのサポート

クライアントへのヒヤリング

クライアントへのカウンセリング

クライアントへのコーチング

基本的に精神面から依頼者のサポートを行う業務内容となっています

スポーツ、ビジネス、芸術、教育、医療など様々な分野での活躍が期待されています

スクールカウンセラーの仕事内容

スクールカウンセラーの主な仕事内容は次のとおり

教育現場での生徒や保護者に対するカウンセリング

教育現場での教員に対するカウンセリングの実施

教育現場での生徒の学校生活の見学と観察

教育現場での問題発生を予防するためのアンケート調査

教育現場で発生しうる問題の解決をサポートしたり、問題発生を事前に予防するのが業務内容となっています

ポイントとしては、生徒だけではなく、教員や保護者もその対象となる点です

心理学を活かせる仕事の価値について

心理学を活かせる仕事の価値について

企業内カウンセラーの価値

企業内カウンセラーは、企業で働く人のサポートを行う役割となります

よって、企業内カウンセラーに価値を感じる人というのは、「企業で働く人」となります

企業では、多くの人が力を合わせて日々社会に貢献しようと努力しています

その中で、人間関係のトラブルは度々発生する問題の一つです

その問題を解決する手助けを行うのが企業内カウンセラーの仕事なのです

メンタルトレーナーの価値

メンタルトレーナーは、多岐にわたる分野で、心に問題を抱えている人を精神面からサポートする職業です

よって、メンタルトレーナーに価値を感じる人というのは、「依頼者その人」となります

スポーツ、ビジネス、芸術、教育、医療などの分野で、悩みを抱えている人は多く存在しています

例えば、昨今コロナウイルスによって、医療崩壊寸前まで来てしまっている実態と考えると、医療の分野で働いている人が心に問題を抱えているのにも納得がいきます

そのような人たちを、精神面からサポートするのがメンタルトレーナーの仕事なのです

スクールカウンセラーの価値

スクールカウンセラーは、教育現場にて、心に問題を抱えている生徒や教員に対してカウンセリングを行う職業です

よって、スクールカウンセラーに価値を感じる人というのは、「生徒」「教員」「保護者」となります

教育の現場にありがちなトラブルとしては「いじめ」が代表的です

また、まだ心が未熟な生徒間で発生するいじめによって、悩みを抱えてしまう教員も存在しています

そのような人たちを、心理学の知識を活かして手助けするのがスクールカウンセラーの仕事なのです

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上、心理学を活かせるおすすめの仕事について紹介してきました

この記事で紹介してきた内容については次のとおりです

心理学を活かせるおすすめの仕事3選

心理学を活かせる仕事の内容

心理学を活かせる仕事の価値について

心理学を生かせる仕事に就くことで、誰かに価値を提供することができるようになります

もし、あなたが誰かの心の問題を解決する仕事がしたいと思ったら、ぜひ心理学を学びましょう

コメント