心理学を学習するメリットとデメリットを3つずつ紹介

心理学

この記事は「心理学を学習するメリットとデメリットが知りたい方」へ向けて書いていきます

心理学を学習することのメリットが知りたい

心理学を学習することのデメリットが知りたい

心理学を学習するための考え方が知りたい

心理学を学習することには「メリット」と「デメリット」が存在します

なぜなら、何事においても、何かを得るということ何かを失うということだからです

例えば、学問の場合はどうでしょうか?

ユヅ
ユヅ

何かを学習することで新しく知識を得ることができますが、知識を得るために使った時間は失っています

このように、私たちは何かを得るために何かを失っているのです

なので、「得たいもの」と「失っても良いもの」をしっかりと考えておく必要があるのです

また、この記事を最後まで読むことで、あなたは次のようなことが分かります

心理学を学習することのメリットが分かる

心理学を学習することのデメリット分かる

心理学を学習するための考え方が分かる

3分~5分程度で最後まで読めます

それでは確認していきましょう

スポンサーリンク

心理学を学習するメリットについて

心理学を学習するメリット

その①:人間の心理を知ることができる

心理学を学習するメリットの1つ目は「人間の心理を知ることができる」ことです

なぜなら、心理学は「人間の心理を研究する学問」だからです

例えば、目の前にいる相手の心理を知ることができれば最も適切な態度をとることができますよね?

相手が怒っている → あまり下手なことは言わないという選択ができる

相手が悲しそうにしている → 慰めるように接する選択ができる

相手が楽しそうにしている → こちらも楽しそうに接する選択ができる

相手の心理状態に合わせて接することで相手との良い関係を築くことができるのです

実際に相手の心理を理解して、適切な態度をとることで良い人間関係を築くことができるの?

ここまで読んだ方の中には、このような疑問を抱いてしまう方もいると思います

ユヅ
ユヅ

ここに関しては絶対ではありません

なので、あくまでもその可能性が高まるという意味になります

最低限必要な学習はしなければならないということを意識しておくのが良いでしょう

その②:人間関係をコントロールすることができる

心理学を学習するメリットの2つ目は「人間関係をコントロールすることができる」ことです

なぜなら、人間は「快か不快か」によって、他人に抱く感情が変化していくからです

例えば、誰かに嫌味を言われると、あなたは少なくとも「良い気分」にはなりませんよね?

ユヅ
ユヅ

逆に、誰かに褒められたりしたときには「良い気分」になると思います

単純ですが、人間は目の前の相手の態度によって「快・不快」の感情を抱くのです

なぜ、「人間関係をコントロールすること」と「快・不快」が関係しているの?

ここまで読んだ方の中には、このように思う方がいるかもしれません

繰り返しになってしまいますが、人間には「快・不快」の感情があります

そして、相手に対して好意的になる場合は、その人は「」の感情を抱いていると考えられます

ユヅ
ユヅ

逆に言えば、相手に「快」の感情を抱かせることで、その人からの好感度を高めることができるのです

なので、心理学を学習して人間の心理を読み取れるようになる人間関係を思い通りにコントロールすることができるようになるのです

その③:心の問題を解決することができる

心理学を学習するメリットの3つ目は「心の問題を解決できるようになる」ことです

なぜなら、心理学を学習することで、カウンセラーの資格を取得できる可能性が高まるからです

昨今、コロナウイルスによって、精神的に病んでしまう人が増えています

また、とある事件をきっかけに、外部に対して心を閉ざしてしまうような方もいます

しかし実は、心理学を学習すると、そのような人の心の問題を解決することができるようになるのです

カウンセラーみたいな仕事は、難しい資格が無いとできないのでは?

ここまで読んだ方の中には、このように思う方もいるかもしれません

しかし、問題ありません

心の問題を解決する仕事に就きたい場合必要な資格には「民間資格」のような比較的簡単に取得できる資格もあるからです

なので、カウンセラーの資格取得を目指し学習することで、心の問題を解決できるようになります

心理学を学習するデメリットについて

心理学を学習するデメリット

その①:人間の心理が分かってしまうこと

心理学を学習するデメリットの1つ目は「人間の心理が分かってしまう」ことです

なぜなら、生活の中で「相手の心理を知りたくないときもある」からです

例えば、相手が自分に対して、本音を隠して、良好な関係を演じて接してくれているような場合があります

ユヅ
ユヅ

このようなことが分かってしまうと萎えてしまいます・・・

良好な関係を演じているのには、それなりの理由があるとは思いますが、相手は自分のことを思ってそうしてくれている可能性があります

なので、相手の心理を読み取ることができることは、心理学を学習するうえで「メリット」にも「デメリット」にもなってしまうのです

その②:心理学について説明することが難しいこと

心理学を学習するデメリットの2つ目は「心理学について説明することが難しい」ことです

なぜなら、心理学にもいくつか種類があり「このようなことを勉強するんだよ」と言えないためです

例えば、心理学は大きく分けて「基礎心理学」と「応用心理学」の2種類となります

ユヅ
ユヅ

なので「心理学はどのようなことを勉強するの?」と質問された場合、具体的に説明することが難しいのです

その③:使いこなすにはそれなりに時間がかかること

心理学を学習するデメリットの3つ目は「使いこなすにはそれなりに時間がかかる」ことです

なぜなら、心理学を使う場面は限られているため、実践の中で練習する機会があまりないためです

ですので、使えるのはともかく使いこなすにはそれなりに時間がかかってしまいます

ユヅ
ユヅ

例えば、心理学を使用する仕事に就いている場合は、実践の機会がほぼ毎日です

心理学を本格的に活かしていきたい方心理学に関係する仕事を目指すのが良いでしょう

また、何事にも言えることですが、人はできないことをできるようにするために学習します

なので、学習して心理学を使えるようになったら、コツコツと実践の中で極めていくことが大切です

心理学を学習するということ

心理学を学習するということ

次のようなことはなかなか想像しにくいと思います

心理学を学習することでどんなことができるのか

心理学はどんなことに利用できるのか

心理学はどんなことに活かせるのか

大学大学院の説明で「心理学部がありますよ」と言われても、具体的にどのようなことを学んでいるのか分からない人がほとんどだと思います

なので、まずは「心理学とは何か」について知る必要があります

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上、心理学を学習するメリットとデメリットについて紹介してきました

この記事で紹介してきた内容については次のとおりです

心理学を学習するメリットについて

心理学を学習するデメリットについて

心理学を学習するということ

メリットについては次のとおりです

人間の心理を知ることができる

人間関係をコントロールすることができる

心の問題を解決することができる

デメリットについては次のとおりです

人間の心理が分かってしまうこと

心理学について説明することが難しいこと

使いこなすにはそれなりに時間がかかること

心理学を学習することには「メリット」と「デメリット」が存在します

得たいもの」と「失っても良いもの」をしっかりと考え、心理学を学んでいくのが良いでしょう

コメント

  1. […] また、デメリットについてはこちらの記事で解説していますので、気になった方は確認しておきましょう。 […]

  2. […] ユヅブログ【まとめ】心理学を学習する3つメリット・デメリットについて… […]

  3. […] また、デメリットについてはこちらの記事で解説していますので、気になった方は確認しておきましょう。 […]

  4. […] 詳しくはこちらの記事で解説しているので、知りたい方は確認しましょう。 […]

  5. […] また、心理学を学ぶメリット・デメリットについてはこちらで解説していますので、合わせて読んでおくと知識が深まると思います。 […]

  6. […] 「心理学のメリット・デメリット」についてはこちらの記事で解説していますので、良かったら確認してみてください。 […]

  7. […] 本を使用して心理学を勉強するのには、メリット・デメリットがしっかりとあります。(詳しくはこちらで解説しています。) […]