心理学を学べるおすすめの大学3選【大学で学びたい方向け】

心理学

この記事は「心理学を学べるおすすめの大学が知りたい方」へ向けて書いていきます

心理学を学ぶことができるおすすめの大学が知りたい

それぞれの大学の特徴が知りたい

心理学を大学で学ぶメリットとデメリットが知りたい

心理学を学ぶ方法の1つに、大学に入学し心理学系の学科に入るという方法があります

大学は、自分が学びたいことを学ぶための教育機関となります

例えば、心理学を学びたい場合、心理学系の大学で学ぶことができます

独学」や「通信講座」で学ぶよりも、確実に心理学の知識を得ることができます

心理学に興味があって大学で学んでみたいけど、
どの大学がいいのかわからない・・・

以降ではこのように思っている方に向けて、おすすめの大学を紹介していきます

また、この記事を最後まで読むことで、あなたは次のようなことが分かります

心理学を学ぶことができるおすすめの大学が分かる

それぞれの大学の特徴が分かる

心理学を大学で学ぶメリットとデメリットが分かる

3分~5分程度で最後まで読めます

それでは確認していきましょう

スポンサーリンク

心理学を学ぶことができるおすすめの大学

心理学を学ぶことができるおすすめの大学

おすすめ①:立命館大学 総合心理学部

心理学を学べるおすすめの大学①は「立命館大学」です

こちらの立命館大学では、心理学をバランス良く、目標に向かって学べるように「ユニット制」を導入しています

基本的なユニットとしては、次の3つとなります

基礎ユニット(認知・行動ユニット)

外国語ユニット(発達・キャリアユニット)

専門科目(社会・文化ユニット)

ユニット毎の区分けによって「基礎」「応用」「臨床」といった基本的な心理学の分野をバランスよく学ぶことができるようです

立命館大学について詳しく知りたい方は↓から確認できます

おすすめ②:同志社大学 心理学部

心理学を学べるおすすめの大学②は「同志社大学」です

こちらの同志社大学で身につけることができることとしては次のとおりです

実証的な視点

高い知識

さらに、社会で心理学の知識を活かして、幅広く活躍できるような人材を育成することに力を注いでいるようです

また、心理学部では、伝統的な「少人数教育」を重視し、総合的な人間力の育成に注力しています

同志社大学について詳しく知りたい方は↓から確認できます

おすすめ③:関西大学 社会学部 心理学専攻

心理学を学べるおすすめの大学③は「関西大学」です

こちらの関西大学の心理学専攻では「5つの実習科目」と「その他複数の講義科目」を開講しています

実習では

自分の知りたいことを明らかにするためにはどのようなデータが必要か

データをどのように集め、分析し、解釈するか

を考えながら自らの手を動かし学んでいくのが特徴となります

関西大学について詳しく知りたい方は↓から確認できます

それぞれの大学の特徴を解説

それぞれの大学の特徴を解説

おすすめ①:立命館大学 総合心理学部

立命館大学 総合心理学部」の特徴としては以下のとおりです

日本最大級の心理系学部

心理学を「総合的」に学ぶ

人間を「総合的」に理解する

国際社会で活躍できる英語運用能力を身に付ける

地域社会で、臨床実践を体験する

心理学を様々な角度から、バランス良く、総合的に学び、国内国外問わず活躍できるような人材を育成してくれる大学となります

また【偏差値】に関しては「55.0~65.0」となります

心理学系の大学にしては比較的入学しやすい数値となっています

おすすめ②:同志社大学 心理学部

同志社大学 心理学部」の特徴としては以下のとおりです

少人数科目を設置し、きめ細やかな指導を実現

興味ある分野を発見して学び、研究色も高めていく

こころと行動の解明に必要とされる実践的かつ専門的な技術へとレベルアップ

少人数に絞り、一人一人に丁寧な指導を実施し、心理学の専門的な技術をレベルアップできる大学となります

また【偏差値】に関しては「62.5」となります

と比較すると少し高いのですが、こちらも心理学系の大学にしては比較的入学しやすい数値となっています

おすすめ③:関西大学 社会学部 心理学専攻

関西大学 社会学部 心理学専攻」の特徴としては以下のとおりです

専門分野をより深く、より幅広く学べます

多様なテーマをカバー

50年の伝統

豊かな人材との交流

心理学をより深く・より広く学ぶことができる大学となります

また、様々な心理学のテーマを扱っており、長い歴史を持つ大学でもあります

【偏差値】に関しては「52.5~55.0」となります

と大きく変わらず、心理学系の大学にしては比較的入学しやすい数値となっています

入学までの手順

①気になっている大学のホームページを確認します

ユヅ
ユヅ

まずは気になっている大学のホームページを確認しましょう

具体的にどのようなことを学べるのか

自分の希望する進路に合っているのか

このようなことを事前に確認する必要があります

なぜなら、大学に入りたいと思っているのであれば、何かしらの目的があるはずだからです

②入試情報を確認し、必要な学習を行います

ユヅ
ユヅ

ホームページの入試情報を確認すると、
試験の種類や試験の内容などが確認できます

この時点で、既に心理学をかなり勉強している方であれば、そのまま継続して勉強していけば何も問題ありません

しかし、これから本格的に勉強を始める方に関しては、勉強方法を工夫していく必要があります

心理学の学習方法は1つではありません

なので、最も自分に合った学習方法で、合格できる確率を少しでもアップさせましょう

心理系の大学入試に向けて、私がおすすめする学習方法は「通信講座」です

理由としては次のとおりです

必要な教材が予め用意されている

ある程度プライベートも大切にできる

自由に時間を使って学習できる

もちろん、他にも心理学を学習する方法はあります

なので、心理学の学習方法を確認し、ご自身に合った方法を見つけて大学合格を目指しましょう

③入試を受けて晴れて合格

入試の日まで必要な分だけしっかりと勉強し入試を迎えます

95%の努力」と「5%の運」が達成できれば晴れて大学生です

ご自身の将来に向かって、心理学を極めていきましょう

それぞれの大学の特徴を比較

ここまで紹介してきた、おすすめ大学それぞれの特徴の違いを確認しましょう

大きく異なる点はありませんが、次のような部分が若干異なっています

少人数

心理学を深く学ぶのか

心理学を何に活かすのか

心理学を利用できることは世の中にたくさんあります

ですので、繰り返しにはなってしまいますが、通学の関係であったり、ご自身の都合に合った大学を選ぶことが大切です

心理学系の大学はどのような方におすすめ?

心理学系の大学は次のような方におすすめです

将来心理学系の仕事をしたい方

心理学にすごく興味がある方

自身や周りの人の悩みを解決したい方

心理学に関係する仕事については別の記事で紹介しています

また、心理学で誰かの悩みを解決したい方については「心理学とは何か」を確認しましょう

心理学を大学で学ぶメリットとデメリット

心理学を大学で学ぶメリットとデメリット

心理学を大学で学ぶメリットについては次のとおりです

心理学の専門家にしっかりと教わることができる

心理学に関係する仕事に就くための進路指導が充実している

大学に通うことで人との出会いの機会を得られる

デメリットとしては次のとおりです

学費がかかる

場合によっては通学が大変

レベルが高くてついていけない可能性がある

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上、心理学を学べるおすすめの大学について紹介してきました

この記事で紹介してきた内容については次のとおりです

心理学を学ぶことができるおすすめの大学

それぞれの大学の特徴を解説

心理学を大学で学ぶメリットとデメリット

心理学を大学で学ぶためには、様々な困難があります

しかし、大学でこそ得ることができるものもあると思います

なので、心理学系の大学を考えている方は最後まで諦めずに日々努力していきましょう

コメント

  1. […] また、心理学を学べる大学についてはこちらの記事で紹介していますので、気になる方は確認しましょう。 […]

  2. […] (心理学を学べる大学についてはこちらの記事で紹介しています。) […]